愛の誓い

欲しい指輪とあげたい指輪の違い


プロポーズは女性の憧れ。
プラス、婚約指輪をいただくことも憧れですよね。
どんな女性も、素敵な婚約指輪をもらったら、こんなにうれしいことはないはずです。

でも、女性というのは、婚約指輪に対して並々ならぬ思い入れを持っている方も多く、彼が勝手に婚約指輪のデザインを選んだ場合、そのデザインが気に入らないと思ってしまう女性も少なくないってご存知でしょうか。
彼にとってみたらアクセサリーのお店に行くのも恥ずかしいのに、店員さんに必死で彼女について説明し、自分なりに一生懸命選んだ指輪です。
女性によってはどんなものでも彼が自分に選んでくれたことがうれしいと、デザインなどにこだわりを見せない肩もいますが、結構「彼が選んだデザインがちょっと・・・」という女性、多いんです。

実は質問サイトなどにも、「彼が選んでくれた婚約指輪のデザインが本当に悔やまれる、こんなことだったらプロポーズしてから一緒に選びに行かせてほしかった」という意見がよく寄せられています。
彼からしてみれば「おい!!こっちは高い費用を出して恥ずかしい思いをしながらやっとの思いで買ったんだぞ」といいたくなるでしょうけれど、そこは婚約指輪です。
一生に一度の婚約指輪。

誕生日のプレゼントとはわけが違います。
納得がいく感動ものの指輪がほしいと頭の中であれこれ考えてしまっているわけです。
となると、自分が思い描いていたデザインとほど遠いデザインだったら・・・確かに「ええー・・・これなの?」と心の中でがっかり・・・ということもあるでしょう。
こうならないように・・・・彼女は婚約指輪に対して、またプロポーズについてどういう思いを持っているか、それとなく探っておくことができれば?と思います。

友達を利用してもいいし、普段の会話の中から何気なくその思いを引き出してもいい。
プロポーズするときに婚約指輪がほしい派?それとも一緒に買いに行きたい派?
友人を巻き込むことができれば、彼女が好きなデザインや、婚約指輪にはこういうのがいいよねっていうデザインを聞き出しておいてもらう。
また、普段のちょっとした言葉をしっかり受け止めておく。

たとえば「いいなー。このブランドの指輪、婚約指輪にもらったら絶対にうれしいよね」なんてつぶやいたりしたら、そのブランドとどんなものなのか、調べておくなど・・・。
苦労が絶えませんが・・・一生に一度の大切な婚約指輪です。
彼女の気持ちを汲んで、自分があげたい指輪じゃなく、彼女がほしい指輪を見つけてください。