愛の誓い

婚約指輪のお返しって何?


たとえば入学祝などをいただいたり、出産祝いをいただいたりという場合には、必ずありがとうございますという気持ちをこめて、お返しを行ないますね。
婚約指輪も頂き物。
婚約指輪のお値段は安いといってもそこそこのお値段ですから、やはりお返しを考えるのが普通です。

出産祝いも入学祝も、何か頂き物をした場合には、お返しをしますが、一般的にこうしたお返しは同等のものを贈るということではなく、半返しにするのが通常です。
婚約指輪をもらって必ずお返しをしなければならないということはありませんが、こう考えてみてはどうでしょう。
彼からは一生の愛の誓いとして、婚約指輪をいただきます。

彼は自分のことを思い浮かべながら普段行くことのないアクセサリーのお店へ行き、恥ずかしさを持ちながら店員さんと相談しつつ、婚約指輪を選んでくれたはずです。
その思いのこもった婚約指輪を頂いたのです。
ですから、自分も、彼に対する一生の愛の誓いとして、お返しの品を贈る、こう考えれば、婚約指輪のお返しとして心がこもったものになるし、彼に対しての婚約の記念品ということにもなります。

婚約指輪のお返しとして贈る品物は、やはり婚約指輪同様、気持ちを感じるものであり、一生使えるものがいいと思います。
婚約指輪のお返しとして人気があるのが、時計ですね。
男性は時計マニアの方も多く、社会人は携帯があるとしても時計は手放せません。
また、質のいい時計をはめていることは男性にとってもステイタスです。
きっと彼は慶ぶと思いますよ。

時計を贈る場合にも今回は誕生日プレゼントということではなく、婚約の記念という意味をこめています。
ですから、たとえばプロポーズをしてくれた日を刻印するとか、一杯の愛をこめて!などのメッセージを刻印してもらうのもいいですね。
スーツという声もありますが、スーツは消耗品なので、個人的にいうと婚約指輪のお返しにどうかな?と思います。
スーツも婚約指輪のお返しとして人気ですよ。
でも、ここは気持ちをこめて記念品を、ということで、文房具の高級品などもいいと思います。
ポイントは一生残る!!だと思います。