愛の誓い

プロミスダイヤモンドとは?


プロポーズを受けて婚約指輪をもらい、結婚が決まって・・・女性にとって人生で一番輝いている時間ですね。
この地球に生きている中でたった一人と一生の約束をする。
こうして考えてみると、結婚というのは本当に、その出来事こそがロマンチックです。

婚約指輪も普段つけている方がいますし、いつつけてもいいと思います。
ですが、ダイヤモンドなどがどーんと真ん中にそびえていると、ファッション的に似合わないという場合もあるのです。
パーティや御呼ばれの席、また家族の記念日などにつけるという方が圧倒的に多いと思います。

高価で思い出の深い、気持ちのこもった指輪ですから、傷つけたりするのもいやですものね。
婚約指輪とは違い、結婚指輪というのは結婚してからずっと指にはめているものです。
太ってしまってはまらなくなったとか、仕事上はめることができないということはあると思いますが、一般的には一生、つけるものですよね。
その結婚指輪の裏側にちょっとした二人だけの秘密のダイヤモンドを忍ばせてみませんか?

8つのカラー、それぞれに意味を持つダイヤモンド。
リングの内側に埋め込むダイヤモンドのことをプロミスダイヤモンドといいます。
そう、愛の約束のダイヤモンドです。
婚約指輪には彼の愛情が一杯詰まっています。
結婚指輪には二人の愛の約束を記しておきませんか?

8つのダイヤモンドの中から、好きな色を選んで同じ色をお互いにはめ込むというのもいいですし、お互いが相手に対して思う気持ちに近いダイヤモンドを組み込ませてもいいですね。
8つのダイヤモンドの意味を理解して好きな組み合わせでお互いのリングの裏に愛の約束してみましょう。
ピュアブルーは誰よりもあなたを幸せにしたいという気持ちの色。
エンジェリックブルーはいつも横で笑っていたいという願いの色。
グリーンはいつでもあなたの癒しでいられるようにという色。
イエローは変わらぬ愛。
ホワイトは二人の運命を大切にしたいという気持ち。
ピンクはあふれる愛で時を刻みたいという願いの色。
ブラックはすべてを包み込む色。
二人ならどの色を選びますか?