愛の誓い

婚約指輪に人気の石


婚約指輪といえばダイヤモンドが当たり前でしょう?という方も少なくありません。
日本では婚約指輪にダイヤモンドを利用するという効果的なコマーシャルが、婚約指輪に対する意識を大きく変え、婚約指輪イコールダイヤモンドという認識になったようです。
でも、婚約指輪はダイヤモンドじゃなくてはいけないということは決してなく、どんな色の石を使用しようがかまわないのです。

というか・・・ダイヤモンドの婚約指輪がほとんどという今だからこそ、かえって色石を利用した個性的な婚約指輪を選ぶという方が多くなっているという現状があります。
もちろんダイヤモンドが一番人気ということに違いはありませんが、色石の個性的な婚約指輪がほしいと思う女性も多くなっているのです。
婚約指輪は一生に一度愛する人からもらう特別な指輪です。
となると、価値があり質が高く、一生色あせない美しい石を選びたいと誰もが考えます。

結婚は清いもの。
透明なダイヤモンドは婚約指輪や結婚という出来事にふさわしい石といえますが、そのほかにも、結婚、婚約ということにあった質の高い石があります。
質が高く輝きがあり、硬度がある。
これがダイヤモンドに匹敵するようなすばらしい石ということになりますね。
質が高いとなるとルビー、サファイア、エメラルド、最近はタンザナイトなども人気です。

これらの石は輝きもあり、人気も衰えない、財産性ということを考えても、婚約指輪にふさわしい石ですね。
では硬度は?というと、タンザナイトやエメラルドなどがルビー、サファイアと比較すると落ちます。
あまり強くない石です。
婚約指輪はずっと大切にしておきたいもの。

硬度もしっかりあるものを、と考えると、ダイヤモンド、ルビー、サファイアということになりそうです。
婚約指輪で色石を使おうと思うのなら、早めに対応することが望ましいですよ。
というのも、婚約指輪として色石の扱いは極端に少ないのです。
でもだからこそ、彼女にとって希少価値の高い個性的な婚約指輪となります。