愛の誓い

結婚指輪と婚約指輪は違うの?


同僚の結婚が決まると、「うわー・・・またおいていかれた」とがっかりする女性も少なくありません。
結婚ということについてまったく意識していない女性も多くなってきていますが、婚活を積極的に行なう女性に見るように、結婚ということに前向きに、積極的に考える女性も少なくありません。
現代はさまざまな価値観を持った女性がいるのです。

結婚する前には彼からプロポーズを受け、婚約指輪をもらいますね。
婚約指輪は、彼が彼女に一生愛しますという誓いの気持ちで贈る指輪です。
婚約指輪のもっている意味は一生の愛の誓いです。
あなたのことを一生愛し続け、一生守り続けます。
だから僕と結婚してくださいという彼の愛の気持ちがこもった指輪が婚約指輪です。

プロポーズして結婚が決まり、夫婦となってこの先の人生を一緒にがんばっていこうという気持ちがこめられているのが、結婚指輪です。
婚約指輪とは違い、男性も女性もつけるのが通常です。
お互いの仕事柄、結婚指輪をつけることができないということもありますが、一般的には夫婦が一生つけているもの、それが、結婚指輪ですね。
結婚指輪は、これから二人何があっても離れることなく、一生添い遂げるということをお互いに約束する指輪です。
だからこそ、男性も女性も結婚指輪をします。

結婚指輪を購入するとき、通常は男性が女性に、女性が男性に贈るのが一般的です。
同棲から結婚となると一緒のお財布から出るという方が多いので、二人で購入ということになりますが、それでも、彼が彼女に、彼女が彼に、と言う意味です。
婚約指輪と結婚指輪は結婚という出来事によって購入するものですが、その意味は違うものなのです。
婚約指輪を買わずに結婚指輪だけ購入するというカップルも多くなっていますが、女性のトキメキを考えると婚約指輪もできればプロポーズとともに、あげてほしいな・・・と思いますが。
一生の思い出になる二つの指輪、意味をよく考えて購入しましょう。