愛の誓い

ダイヤモンドの鑑定書とは?


ダイヤモンドには鑑定書が着いてきます。
この鑑定書によって、そのダイヤモンドの品質がわかるのです。
さまざまな項目によってかかれています。

まずこの鑑定書を発行する発行期間ですが、HRD、GIA、EGL、IGI、これが世界的に有名な鑑定機関です。
日本には、中央宝石研究所、さらにGIA JAPANがあります。
ダイヤモンドの格付けのルールブック的存在であり、ここでの規則が世界的鑑定機関で遵守されているというのです。

ですが、ベルギーにある4つのダイヤモンド取引所の統括を行なう公益法人「Hoge Raad  voor Diamont」通称HRDです。
ダイヤモンドの価値基準「4C」の概念を考案した組織がアメリカの「Gemological Institute America」通称GIAです。
ダイヤモンドや色石の鑑定、鑑別業務を行なう組織としてアントワープに本部を置いています。
日本など世界各国に支部を持つのが「International Gemmoligical Institute」通称IGIです。
日本最大の鑑定機関が中央宝石研究所、GIA JAPANのラボ部門が鑑定業務を行なっているのが、GIA JAPANです。
このような鑑定機関がダイヤモンドに関する鑑定を厳しく公正に行なっているのです。
価値を判断するということはそのダイヤモンドの値段に深く関連してきますので、これは重要な業務です。

ここで鑑定され鑑定書に書かれるのがダイヤモンドの4Cですね。
Cut、Clarity、Color、Caratです。
カットはダイヤモンドがどのような形に美しくカットされているかが掲載されています。
通常、ダイヤモンドの鑑定対象となるカットは、Round Brilliant Cutのみです。
Clarityは、ダイヤモンドに含まれるinclusionを見定めています。
インクルージョンというのは内包物の存在、見た目、さらには表面の記事、blemishと呼ばれる傷があるかどうかということが指標となります。

評価段階ですが、GIAの場合、11段階で、FLが最高評価、I3が低評価です。
ダイヤモンドのカラーは、無色透明のダイヤモンドにうっすらと着いている色について評価したものです。
鑑定書ではColor Gradeと記されていると思います。
まったくカラーが無色透明だという場合、それは人工的に作られたものです。
自然の中で生まれるダイヤモンドには言いにつけ悪いにつけ色があります。

ノーマルカラーダイヤモンドのカラー評価はDからZで、Dが高評価、Zが低評価です。
カラットはダイヤモンドの重さを表したもので、ダイヤモンドの取引に豆がされていたことでカラットという表記となっています。
1カラットは200ミリグラムと規定されています。
鑑定書にはCTなどの表記がされていると思います。