愛の誓い

指輪のお手入れの仕方


大切な婚約指輪。
普段からしっかりお手入れして、いつでも利用できるようにしておきたいものです。
婚約指輪に限らず、指輪というのは、いろいろな素材が利用されていますよね。
プラチナだったりゴールドだったり。

最近はシルバーも人気ですし、変り種でチタンなどもあります。
友人が結婚したとき、結婚指輪に選んだのがチタンでした。
どうしてチタン?と思ったのですが、理由を聞いて納得。

チタンというのは非常に硬いものなので、型崩れしない、イコール、一生曲がらない変わることのない愛という意味で、チタンがいいと思ったんだそうです。
なるほど~。
さて・・・まずはプラチナ。
婚約指輪や結婚指輪にも利用されることが多い硬く頑丈な質を持っています。
プラチナは乾いた布で汚れをふき取る、ということでお手入れは十分です。
あまりにも汚れが目立つ・・・という場合には、台所用洗剤やジュエリークリーナーなどを利用して汚れを取り十分にすすいで、タオルで水分を取り、めがね吹きなどで磨いておくといいでしょう。

シルバーは素敵なデザインのものが多いのですが、時間がたつと黒く変質してしまうという特性を持っています。
シルバー専用クリーナーもありますが、銀製品用のクロスなどでも代用できます。
かなり安く売っていますので買っておくといいですね。
ただデザイン的に複雑なものの場合、専用クリーナーにつけておいて、シルバーポリッシュで磨くという方法になります。

ゴールドは最近また人気が復活してきていますね。
コンビなどでもよく利用されます。
ゴールドも台所用洗剤などにつけておき、汚れが浮き上がってきたらやわらかい歯ブラシなどで汚れを取り、すっかりすすぎます。
汚れを取るときにはやさしくこすってください。
あまりにも細かいデザインということなら、やはり専門店で超音波洗浄機などで洗ってもらうほうが安心です。

チタンは、とても変質しにくい強い素材です。
そう、曲がらず、変色もなく、傷もつきにくく、しかも汗に強い。
つまりメンテナンスフリー。
こうして考えてみると、私の友人、いい選択をしたのかもしれませんね。
ちょっと色気はないのですが、チタンの指輪、変わることのない愛、強い指輪、メンテナンス不要!!これはすごく素敵な選択だったと思います。