愛の誓い

婚約指輪の意味とは


女性の憧れといえば、ウエディング。
彼からプロポーズを受けて婚約指輪をもらって・・・女性がいつか私もその主人公になるんだとあこがれ続けているのが、結婚。
最近は結婚しない女性も多くなり、結婚適齢期が上昇しているという日本ですが、女性にとってプロポーズの瞬間は人生において最大のシンデレラ気分となる瞬間ですよね。

婚約指輪の持つ意味、皆さん考えたことがありますか?手の中で左手の薬指というのは、心臓に一番近い指とされ、昔から大切な指とされてきました。
結婚してからつける結婚指輪を左手の薬指につけるのも、一番大切な指に約束を記すという意味がこめられています。
婚約指輪は男性が女性に永遠の愛を誓い、一生愛します、一生守りますという気持ちをこめて渡すものです。

つまり婚約指輪は愛の誓い、結婚指輪は夫婦の誓いといっていいでしょう。
結婚したいと思う女性に、男性が気持ちをこめて贈るのが婚約指輪。
プロポーズは女性にとって一人の男性から一生の愛を誓われた記念すべきすばらしい場面です。

ただいつか結婚しようねという約束ではなく、婚約指輪を贈られる、プロポーズを受けて一緒に買いにいくといった行動は、夫婦になることを誓い合い一生の約束を契るということになります。
ですので、口約束よりもずっと重く、ずっと信頼ある行動です。
婚約という儀式を行なわなくなっているカップルが多くなっていますが、やはりそれでも女性としてはプロポーズに欠かせないのが婚約指輪です。

どんなに安いもので愛する男性から贈られる一生に一度の婚約指輪。
もらってうれしくない女性なんていないはずです。
左手の薬指に高校生たちが安易に指輪をしている姿を見ることが多くなりました。

彼にもらったものだと思いますが、恋人が誕生日にくれる指輪は婚約指輪ではありません。
できれば、大切な婚約指輪や結婚指輪をする指には、プロポーズを受けて婚約指輪をはめるそのときまで、大切にとっておいてほしいと思います。